競売物件 購入

住宅ローンが払えなくなったら最終的には競売に

 

病気で夫が働けなくなった。
離婚でローン中の住宅を何とかしたい。

 

さまざまな理由で住宅ローンが払えない見込みがでたら
どうすればいよいでしょうか。

 

そのまま3ヶ月くらい滞納が続くと、
お金を借りた銀行などから「督促状」や「催告書」が送られてきます。

 

これは
「遅れているローンを一括して支払ってくださいね」
という催促です。

 

できればこの時点でお金を身内から借りて
支払ってしまうことが理想的です。

 

それでも払えない場合はどうする

 

それでも払えない場合には家を売却するか、
誰かに買い取ってもらい、その人に家賃として残りを支払うことが必要です。
これをリースバックといいます。
家だけは残したい人は買い取ってもらえる人を探すことが必要です。

 

家を売却する方法は2種類

 

自分でローンの残高以上の買い手がみつかればベストです。
しかし、ローン滞納が5ヶ月続くと、任意売却という方法で売却することができます。
これは、保障会社などの債権者と、滞納者の間に第三者の専門家が入り交渉する方法です。

 

競売だと5割程度しか値がつかかいことも

 

任意売却で買い手がみつからない場合には競売となります。
住宅を売る場合にはできるだけ高く売ることにより
残りの借金の負担を減らすことができます。

 

競売だと遅延損害金をはらわなけれなならない

 

また、競売だと家やマンションが売れるまで遅延損害金を支払わなければなりません。
これが14%と高金利で大きな負担となります。

土地の有効活用をお考えの大家さんや不動産投資をお考えのユーザー様へ


↓↓落札した土地に最適な活用プランを完全無料で一括資料請求↓↓